<<⑤あなたの無料レポートタイトル>>



 <<⑥あなたの無料レポート説明文>>


※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<⑦あなた>>により、メルマガ名「⑧あなたのメルマガタイトル」(メルマガID:⑨あなたのメルマガID)に代理登録されます。メルマガは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 http://www.mag2.com/m/② ※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。
2012年07月30日

『私は担当でなくなりました。』


こんにちは


ベースネクサスです。


昨日は誕生日でした。(いったい何歳??)


フェースブックにバースデーケーキと


一緒に撮った写真を載せたら・・・。


続きは編集後記で。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■おススメ無料レポート
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

。.∴☆∵・。.∴☆∵・。.∴☆∵・。.∴☆∵

★『不動産投資 5分で分かる決算書 不動産収支ソフト付き!』

  http://mailzou.com/get.php?R=39523&M=23243


不動産投資の敷居が高い理由のひとつに、

決算書があるのかもしれません。

このレポートは、簿記の仕訳の考え方をやさしく図解してくれています。

私は、会社で経理をやっているのですが、やさしく、わかりやすく

書かれているなあと思いました。


。.∴☆∵・。.∴☆∵・。.∴☆∵・。.∴☆∵

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■『私は担当でなくなりました。』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


尾嶋健信さんの空室コンサルを受けることにしました。



そのことを伝えようと私の物件の管理会社の店長にお電話したら、



『連絡が遅れて申しわけありませんが、



 会社の組織替えで、私は担当でなくなりました。』



 ・・・唖然としました。



こちらから電話してはじめて、担当が変わったことを伝えてくる神経。



だから空室が続いていたのか、とも思ってしまいます。



不動産物件の管理会社の営業マンの質って、



正直言って、あまり良いと思ったことはありません。



しかし、こちらから不信感をあらわに出しても、



いいことはなにもないので、丁重に対応するのですが、



耐えられないこともままありますね。



でも、入居者が決まった報告を受けると、



その感情は吹っ飛んでしまうのですが・・・。



現金なものです(笑)。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、私のちょうどの歳の誕生日でした。


バースデーケーキをいただく前に、


プレゼントを持って息子と一緒に写った


いい写真がとれたので、フェースブックに載せました。


そしたら、1時間以内にメッセージがたくさん来ました。


みんな、PCやらスマホやら四六時中見ているんですね。


いまさらながらそういう時代なんだと


シミジミ確認しました。


このネットでつながった世界を


うまく利用しない手はないですよね。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。



ぜひ次回以降もご愛読お願いします^
  

2012年07月29日

DIYで家具作り & アパート補修

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『不動産投資とアフィリエイトで人生の活路を開く!』

  
   会社のサラリー以外に副業収入を実現し、

     価値ある幸せな人生を歩むための情報を共有するメルマガ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

こんにちは


ベースネクサスです。


暑い日々ですね。


メガネを変えて、散髪しました。


続きは編集後記で・・。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 唐突ですがDIYって、楽しいぞ~。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

唐突ですが私は、DIYの木工が大好きです。


私は子供が3人いますが、


3人の子供部屋に、DIYでロフトベッドを作ってあげました。


たぶん、市販のものを買えばひとつ10万円ぐらいは


するんじゃないかな~。

こんな風につくりました!

  ↓   ↓

http://www.ayukawa-diy.com/diy/archives/2010/07/diy-3.html


出来栄えは、家具屋さんで売ってるものほど


立派ではないけれど、


十二分に機能シテイマス。


また、サイズを、自由に設定できるので、


部屋の置きたい場所に合わせて、


完成させれば、部屋全体のトータルの


空間が、結構いいものになってきます。


そんなこんなで、実益を得ながら節約をして、


その上で楽しむことができます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■そのDIYを、賃貸アパートの修繕に生かすと・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DIYで、所有する賃貸アパートの修繕をすることで、


運営経費をかなり安くすることができます。


壁紙を張り替えたり、キッチンのデザインを


変えるために、カッテイングシートという


デザインやカラーを印刷したシートを張り替えたり、


網戸を張り替えたり、素人のDIYでも


結構、物件の価値を向上させることができます。


業者に頼むのとくらべれば、


大幅なコスト削減が実現できます。


その上で、入居者を募集する。


趣味と実益を兼ねた活動になります。





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最近、細かい文字やPCのデイスプレイの文字が見えづらくなってきました。


いわゆる老眼というやつです・・・。


遠くは今のメガネでも大丈夫なのですが、


そのメガネだと近くがとても見えにくいのです・・。


メガネをはずして、顔を近づけて、


文字を見ている姿・・・。


あ~、いやだいやだ!!


自分はそんなに老けてないぞ~(-_-;)。


といって、抵抗しても仕方アリマセン。


そこでメガネを作ることにしたのですが、


イメージをちょっと変えてみました。


いや~、自分で言うのもなんですが、


意外といいじゃないですか?


発想をちょっと変えるだけで、


マインドが変わる、気持ちが変わる!


ついでに、昨日散髪して、


小ざっぱりと、いい感じデス。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。



ぜひ次回以降もご愛読お願いします^^



────────────────────────────────

このメルマガはメインブログ、レポートスタンド、スポンサー広告等で
利用規約に基づき、代理登録させていただいています。
「必要としている方だけに、必要な情報を提供すること」を
心掛けていますので、必要のない方は一番下から解除してくださいね☆



このメール、迷惑メールフォルダに入っていませんか?
もし、迷惑メールに入ってしまうと、今後このメルマガで
有益な情報をお伝えすることができなくなってしまいます。
よろしければ、この機会に以下の設定をしていただけると幸いです。

「迷惑メールフォルダに入れない方法」
 ↓ ↓ ↓
http://46mail.net/index.php?e=basenexus@gmail.com



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■運営者情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者: BaseNexus:ベースネクサス 



お問い合わせ先:http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/


メインブログ:http://basenexus.livedoor.biz/


特定商取引法の表記:http://basenexus.livedoor.biz/parts/sdministrator.pdf


  ◇◇◇◇◇◇ ベースネクサス(BaseNexus)の由来 ◇◇◇◇◇◇

     価値ある幸せな人生を築きたい方々の
         つながり(絆)の基地でありたいという思いから。

   ※ベース:Base=基地  ネクサス:Nexus=つながり、絆

  
2012年07月24日

不動産投資が可能な状態?

不動産投資には興味があるけれど、



客観的に、自分が不動産投資が可能な状態に、



なっているのかどうか?



最初はそのあたりが不安で、一歩が踏み出せないですよね。



◇どのくらいの貯金が必要なのか?



◇自分の所得水準で融資を受けられるのか?



◇奥さんの理解が得られるのかどうか?



◇さらにめぼしい物件を実際に確認するのに、



貴重な土日の休みの日を使わなければならないとか・・・。



最初の一歩を踏み出す時の壁って、



いろいろあります。



でも、それを乗り越えるモチベーションは何か、



と考えると、



不動産投資を「やる理由」が明確になっているかどうか、



だと思います。



それをやらなければならない理由が明確であれば、



一つ一つの壁は、



人によってさまざまだと思いますが



簡単に乗り越えられると思うのです。

  
2012年07月23日

「金持ち父さん貧乏父さん」→沢さんの「お宝不動産」


私は「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、



収益不動産を所有してみたいと思い始めてみたものの、



具体的にどうしたらいいかよくわかりませんでした。







不動産の情報はどこで得られるのか?



自分のお金はどの程度貯めていないといけないのか、



ほんとうにわからないことだらけでした。






ある日、単身赴任先の近所の本屋で



『「お宝不動産」で金持ちサラリーマンになる』



という本を見つけて、



この本を買えばなにかがわかると思い



早速購入しました。






図を多用して書いてあるこの本には、



収益不動産からキャッシュフローを得て



蓄積し、さらに拡大させて



いかに金持ちになっていくかが、



とてもわかりやすく説明されていました。







中古のアパート土地付き1棟買いをすることで、



インカムゲインを得ていく手法が、



まさに「金持ち父さん貧乏父さん」の



言わんとしているポイントだと理解できました。







それが理解できた日から、



どうしたら本当に『お宝不動産』をゲットできるのか、



願望は強くなっていったのですが



どうしたら見つかるのか、



当時単身赴任中で、週末は自宅に帰ることを優先してしまい



その道筋が見えませんでした。

  
2012年07月16日

それを『やる理由』。

ジェームズスキナーのセミナーをビデオ
     
でみてます。

ジェームズスキナーはご存知の通り、

『七つの習慣』

『お金の科学』

などで有名なコンサルタントですが、

その中で受けた私の『気づき』をひとつ

皆さんにお話したいと思います。
 


なにか新しいことをする場合に、

『やる理由』が明確になっていることが重要。

ということです。


私の場合だったら

不動産投資を『やる理由』・・・。


それは会社にいるあいだのリストラや
 
給与カットなどのサラリー減少
 
子供の教育資金
 
そして定年後の年金不安などに

対抗する手段を作らないと

たいへんなことになる

という危機感です。



うつになった経験があるから

なおさら危機感も強いです。

ですので、不動産投資を

やる理由はとても明確になっています。 


みなさんは、いかがでしょうか?

  
2012年07月15日

資産運用を考えないといけない時代~(昨日の日経新聞より)

ごく普通の人でも、

資産運用を考えないといけない時代となった

その最大の要因は、

将来、支給されるはずの年金に対する不安が

どんどん大きくなっていることでしょう。


名目利子率や賃金上昇率などは

厚生労働省のデータに基づき、

平均年収750万円のサラリーマンが40年間、

厚生年金に加入し、専業主婦の妻とともに

平均寿命まで生きた場合を前提として

専門家が試算したところ、2010年末時点で、

70歳の方は3090万円の得、

つまり支払う額より3000万円以上多く、

生涯に年金を受け取れる計算になりました。


以下、65歳の方は1770万円のもらい得、

60歳の方は750万円の得と、

だんだん、得する幅が減ってはきますが、

それでも受け取る額が、

支払った額を大きく上回っています。

そして55歳の方が170万円の得となり、

このあたりから下の世代は、

支払う額が受け取る額より多くなる、

払い損の世代になります。

50歳の方は340万円の払い損、

40歳は1220万円、

30歳は1890万円、

20歳の方はなんと2280万円の払い損になる

という分析結果でした。

こんな試算をみせられたら、

若い世代は絶望的な気分になるでしょう。



1961年4月以降に生まれた方は、

年金の受給開始が現在の60歳から65歳へと

先送りされることが決まっていますが

今後、この支給開始年齢がさらに68歳、70歳などと、

もっと先延ばしになる可能性もあります。

その場合の受給額は一段と減ってしまいます。




年金の払い手である現役のサラリーマンなど

働く人(生産年齢人口、15歳~64歳)の数は、

95年の8726万人をピークに減少に転じ

2010年までの15年間で、552万人も減ってしまいました。

一方、平均寿命は伸び続けています。

1985年に、平均寿命は男性が74.78歳、女性が80.48歳でした。

それが2010年末時点で、

男性は79.64歳、女性は86.39歳まで伸びています。

人口に占める65歳以上の高齢者の比率は

10.3%から23%まで増えました。

その結果、生産年齢人口と65歳以上の高齢者の人口の比率は、

85年の68.2対10.3に対し、2010年には63.8対23.0になりました。

わかりやすく言うと、

かつて約7人で1人の高齢者を支えれば良かったのが、

今は3人で1人を支えないといけない時代になったわけです。

このまま行けば、働く人2人で1人の高齢者を

支える時代になるかもしれません。

払う人の数は減り、もらう人の受給期間が

長くなっているのです。

これでは年金制度が立ちゆかなくなるのは

仕方がないところです。

今のシニア層までは良かったが、

これから先は、ごく普通の人でも資産運用とは


無縁でいられないことは、

なんとなくわかっていただけたかと思います。


では、安心して老後を迎えるために、

いったいどのくらいの資産を持っていればいいのでしょうか。



多くの専門家の意見を聞き、分析した結果、

普通の個人が、夫婦ふたりで安心して

老後を過ごすために必要な資金は、

9000万円から1億円というのが、

専門家たちの共通した結論でした。

1億円、と聞いたとたん、そんなの無理無理、

途方もない数字だよ、と思う方が多いでしょう。

ここでまず申し上げたいのは

1億円をすべて現金でそろえる必要はないということです。

モデルケースのざっくりとした試算では

夫婦2人の年金と退職金を合わせると

6000~7000万円程度は確保できるため

実際に運用で作らなければいけない金融資産は

3000万円程度ということになります。


細かくみていきましょう。

まず、必要な資金1億円の内訳です。

生命保険文化センターの調査によると

リタイア後、夫婦2人で、切り詰めた

つつましい生活をする場合

必要な資金は月に22万円になります。

もし、年に数回は旅行に行きたい

趣味にある程度お金をかけたい

孫の教育費などを支援したいなど

多少、ゆとりのある生活を望むのなら、

月あたりプラス14万円かかるといいます。


その場合、合わせて毎月36万円程度が必要になります。

年間432万円です。

夫婦とも平均寿命(男79歳、女86歳)まで生きるとして

夫の死後、妻一人の生活コストが3割下がると仮定した場合

必要な資金の合計は約8200万円になります。

加えて、車いす生活になった場合や水回りの

老朽化などの自宅の改装費、

病気やけがなどの入院・治療費などに

備えた予備費を加えると

9000万円から1億円あれば、安心という計算になります。

もちろん、趣味や旅行などにお金はかけず、

切り詰めた生活で満足できるなら、

必要な資金は予備費も込みで、

6000万円程度まで下げることは可能です。

計算の上では、年金と退職金だけで、

なんとかまかなえるのですが、

今後、年金や退職金が減額される可能性や

インフレによる物価の上昇リスクなどに備えることを考えると、

やはり資産運用によって、多少の経済的な余裕を確保するべきでしょう。

一方、厚生労働省の試算によると、

平均年収のサラリーマンで妻が専業主婦、

厚生年金を40年間、払い続けたモデルケースでみると、

年金は月に21~22万円が支給されます。

65歳から受給が始まり、夫婦とも平均寿命まで生きた場合、

受け取れる年金額の合計は約5000万円になります。



同じく厚労省のデータによると、

大学卒男子サラリーマンの平均退職金は、確定拠出年金 

などの企業年金分も含めて、約2000万円です。

夫婦で受け取る年金の合計額と合わせると、

7000万円程度はなんとかなりそうです。

ただ、これは現在の年金制度が維持され、

企業の退職金の水準も変わらないことが前提です。

もし、年金の受給開始年齢が68歳まで繰り延べになれば、

受け取る合計額は約4000万円と1000万円少なくなりますし、

退職金も東京都の中小企業の平均値では

1200万円というデータもあります。

目減りする1000万円分を、さらに運用でカバーするのは、

簡単ではありません。

最も有効かつ現実的な答えは

妻が働くことでカバーすることです。

妻が正社員として働くことが出来れば

将来の年金の受給額も増えますし

現役時代の貯金など資産形成でも有利になります。




  
2012年07月12日

夫婦喧嘩

どうしてわかってくれないんだ・・・。

子供の教育、

会社の給料、

定年後のお金、



この単語をならべただけで、

不安がアタマをよぎり、

「だからその不安を解消できる術を

考えなければならないんだ。」


「そう考えるのがフツーだろ!」



だから、

「不動産投資が必要なんだ!」


でも嫁は、

「借金が嫌。」の一点張り。


だから、

「不動産投資の借金は、借金の意味が違うんだ。」



「・・・どう違うの?借金は借金でしょ!」


平行線のまま時間が過ぎ、

険悪な空気がよどむ。



どうしてわかってくれないんだ・・・。








おそらく、

不動産投資を始めようとして

奥さんにその気持ちを打ち明けると

多くのご夫婦は

このような夫婦喧嘩が始まるのでは・・・。



家族のため、みんなの幸せな将来を思って

必死の覚悟で

不動産投資のスタートに着こうとしているのに。


家内には、理解してもらって

一緒に不動産投資で成功を勝ち取りたいのに。

その家内が、理解どころか、

敵になってしまう。




私には、この家内の理解を得る

という壁は大きかったけれど、



なんとか乗り越えられた・・・。



どうして乗り越えたか?



「あきらめない気持ち」を持ち続けたから。


それしかない。










  
2012年07月11日

不動産投資をやってみたい。

給料と同じくらいのお金が毎月、

働かなくても入ってくる・・・。


そういう状態がつくれれば、
         
子供の教育や、定年後の不安 も

なくなる。


 「金持ち父さん、貧乏父さん」を、

不動産投資で成功されている方と同じように

私も読んだ。



「私も不動産投資をやってみたい。」

そう思うのは、至極当然だった。



2000年に「金持ち父さん 貧乏父さん」は

発行されている。


私がこの本を読んだのは発行されて間もない

2000年から2001年ごろだったと思う。



それから10年・・・。



2011年9月に、初めて収益不動産を取得できた。

思い返せば長い道のりだったかも知れない。


でも、私はこの本を読んでから本格的に取得しよう

と考えて行動に移すまで、

長く「心の状態」が、

不動産投資ができる状態に

なっていなかったのだと思う。


それでも良い。


あきらめずに

「不動産投資をやってみたい。」

という気持ちを忘れず、

結果として収益不動産を取得できた。



あきらめなければ必ずできる。

私はそう思っている。











 







  
2012年07月10日

『年金定期便』が来ました。

今日会社から帰ると、『年金定期便』というはがきが来てました。



あらためて内容を確かめてみると、

「年金を受けられる年齢」が65歳~となっています。

年金額(1年間の受取見込額)は200万円ほど。



これを見て、あなただったら安心していられるだろうか?

安心して今の会社の仕事「だけ 」に専念できるだろうか?



また、私は現在大学1年を筆頭に3人の子供がいます。

この子供たちを育てあげるのに、いったいいくら準備すれば

3人とも一人前のおとなになって自立してもらえるだろうか?



一番下の子供が大学を卒業するとき、私は61歳。

そして会社の定年は60歳。



60歳から65歳の年金が受け取れるまでの5年間は、貯蓄で

生活しなければならない。5年間も・・・。



60歳になったとき、会社収入だけで子供を育てあげて、いったい

いくらの貯蓄が残っているだろうか?



退職金は多少はもらえるかもしれない。しかし定年後の夫婦二人

の生活のために、月額30万円必要とすると5年間では、

30万円 X 12か月X 5年間 = 1800万円。



退職金は5年間で底をついてしまう。そして冒頭に書いた65歳

からもらえる年金が年額200万円。

老夫婦が生活していくには到底及ばない額しかもらえない。



この日本の現在の経済環境で、これから会社だけに頼って生きていくと、

このシナリオさえ危ういかもしれない。




このブログを読んでいらっしゃる皆さんの大多数も、このシナリオに近い

将来しか描けないと思います。




だったら、会社に頼らないで生きていける人生を切り開こうじゃないか!

単純にそう思ったわけです。










  
2012年07月06日
<<⑩あなたのメルマガ登録フォーム>>
プロフィール

basenexus

タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor Blog