結論としては購入して「正解」だった。


2013年07月05日

結論としては購入して「正解」だった。

◇◆◇___________________________

『 DIY外壁塗装で100万節約して
一棟アパート買っちゃいました!』


        DIYざんまいで節約しつつ不動産をGET! 

           価値ある幸せな人生をつかむぞ!

            ・・・を、地でいくメルマガ。

___________________________◇◆◇


こんにちは、ベースネクサスです。


7月から、私の勤める会社組織が

大きく変わったのですが

リーマンショック以降

リストラ続きで

社員もリストラ慣れしたような雰囲気がありますね。


身近にいる社員が辞めても、

ふ~んっていうような感じで無機質な

反応っていうんでしょうか。

こういう雰囲気の会社って、

成長して業績とかホントに良くなっていくのかなって

冷めた感覚になってます。


 
続きは編集後記で。


___________________________

■ 結論としては購入して「正解」だった。
___________________________


最初に不動産投資で融資を受けるのに

どこの銀行がいいのか

なかなかわからなくて

近くにある銀行に行って

玉砕したお話をこのメルマガでお話しました。



どうしていいかわからないときにどうするか?


インターネットでググるなどして

調べる日々が続きました。


キーワードで引っかかってくるブログの

ページなどもかなりの数を読み込みましたが

なかなか決定打になる情報が見つかりませんでした。

そんな時間が経過する中で


『日本政策金融公庫 完全攻略レポート』


という情報商材のページには

何度かたどり着いていたのですが

¥21,000という金額がやはり高く感じて

すぐに買うという決断ができない日々が続いていました。



でも、どうしても不動産投資の実現のためには

融資をしてもらえる銀行を探し出さなければならない

と考え直し意を決して

『日本政策金融公庫 完全攻略レポート』


の購入ボタンをクリックしたのでした。








結論としては

購入して「正解」だった。



すぐに商材をダウンロードして

読み始めると

「すぐに行動をしてください」

とのっけから

日本政策金融公庫の融資にかなう不動産物件の選び方や

事業計画書の書き方

担当者との面談の受け方

など一つ一つ具体的な行動のステップが

記載されていました。



私はその一つ一つをその通りに実行。


結果念願の1棟目を取得することができたのです。


『日本政策金融公庫 完全攻略レポート』



これは不動産投資の最初の1棟目の取得を目指す人にとって

最良の指導書だと思います。




___________________________

■編集後記
___________________________


リストラ慣れっていうのも

不思議な感覚ですが

長くその空気の中にいると

会社仕事へのモチベーションを維持し続けるのも

ほんとたいへんです。




・・・・それに比べて、



自分自身の不動産物件の入居対策の具体化や

物件の価値向上のためのアイデアだしなど

ものすごく楽しいですよ。



その結果入居者決定の連絡を受けたりしたら・・・・



もう会社の仕事なんてくだらなくてやってられないです(笑)。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝、感謝、感謝デス。

結論としては購入して「正解」だった。へのトラックバックURL