猪俣淳さんによれば不動産投資で必要なことはたったの三つ


2013年07月13日

猪俣淳さんによれば不動産投資で必要なことはたったの三つ

◇◆◇___________________________

『  DIY外壁塗装で100万節約して
        一棟アパート買っちゃいました! 』


        DIYざんまいで節約しつつ不動産をGET! 

           価値ある幸せな人生をつかむぞ!

                ・・・を、地でいくメルマガ。

___________________________◇◆◇

こんにちは、単身赴任大家のベースネクサスです。

大学2年になった長女が

富士登山をしたようです。

「山登りっておもしろい!」

って言ってます。
 

続きは編集後記で。
___________________________

■ 猪俣淳さんによれば不動産投資で必要なことはたったの三つ
___________________________

猪俣淳さんによれば

不動産投資で必要なことはたったの三つ

だそうです。


不動産投資を始めようとして

いろいろな知識が必要とだと感じて

なかなか前に進めない方も

いるかもしれません。



でも、 極論すれば以下の三つをクリアできれば

不動産投資は始められるということです。


一つ目は「貸せるかどうかの判断」。


二つ目は「効率性と安全性の判断」。


三つ目は「ファイナンスの技術」 。



私の不動産投資の経験と

照らし合わせても

まさにこの3点は

必ずクリアしなければなりません。



一つ目の貸せるかどうかの判断は

物件選定の際に

絶対に確認しなければならない視点ですね。

物件の立地や空室率や

賃料水準が今後どうやって変化していくかを調べる。

これによってその物件の強みや弱みを

発見することができて

それが突破口になることもあります。




二つ目の「効率性と安全性の判断」。


投資を行う場合、

リスクとリターンはトレードオフの関係になります。

その投資がどの程度の効率性と

安全性を持っているのかを

投資分析によって数字でとらえる必要があります。


勧められる物件を

勧められるままに購入するなんてことは

ありえません。



三つ目は「ファイナンスの技術」です。

不動産投資は

私たち自己資本を出資する

エクイティー投資家と

資金を貸し付けることによって投資する

デッド投資家である金融機関との共同作業です。


投資の総額に対していくら融資を受けられるか

金利は何%で、

何年返済で貸してもらえるのか、

この辺をどのように成立させるのかの技術ですね。




この3点をクリアできれば

あなたは不動産投資をすることができます!!




___________________________

■編集後記
___________________________

私は富士山はおろか

自分の足で

本格的に登山した経験はないのですが

実際に富士登山を経験した長女

とても楽しかったようです。


ICUの2年生なのですが

今は青春真っ盛りで

様々な経験を重ねる時期だと思います。


そんな楽しい経験の話を

娘から聞くのは

親としては嬉しい瞬間ですね。
 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝、感謝、感謝デス。

猪俣淳さんによれば不動産投資で必要なことはたったの三つ is Posted by basenexus at 19:00│コメント(0)トラックバック(0)
猪俣淳さんによれば不動産投資で必要なことはたったの三つへのトラックバックURL