狙いの物件見つけたぞ!


2013年11月19日

狙いの物件見つけたぞ!

2010年から2011年にかけて

築古のボロの高利回り物件を探す戦略に

方針転換をしてネット上で

物件を探す日々を過ごしていました。



とにかく最初の1棟を取得して

給与以外のキャッシュフローを

なんとか獲得したいと

強く思い続けていましたね。


そんななか、

私の住む県内で土地勘のある水戸市内の

最寄駅から徒歩10分程度で

築20年で比較的立地の良い

1K8戸の木造物件

目に留まりました。


価格は2100万円で表面利回りは15%。



目の飛び出るような高利回りではありませんが

融資がうまく引き出せれば

満室想定で月額10万程度の

キャッシュフローは生めそうな

シミュレーションとなります。


「DIYで節約ざんまいの生活」を

4年ほど過ごしていたので

物件確認も久しぶりでしたが

媒介する不動産屋に電話して

物件確認のアポイントを入れてみました。


実際に物件を見るとこぎれいでしゃれた外見。

部屋はロフト付きの1Kです。


もう、おもちゃが欲しくてだだをこねる

赤ん坊のように

また、その物件へ気持ちはまっしぐらに

なっていましたね。



不動産投資をして最初の1棟めは

物件シミュレーションの数字はアタマには

あるものの、

それはそっちのけで

「物件欲しい!」

という気持ちが先走ってしまいます。


これは、本当に注意しないと

あとで大やけどしてしまうことになるので

皆さんも注意してください。


今回取り組もうとしている

「日本政策金融公庫」

の融資獲得にむけて


事業計画書作成に取り掛かりました。


物件を確認したときに撮影した写真を

張り付けながら、物件の立地環境、

最寄駅の乗降客数、現状の賃料と引き直した賃料、

稼働率を3パターンほど変えて

キャッシュフローシミュレーション表を

入念に作成したのでした(笑)。


そんな準備をしつつ

コンタクトしている媒介業者に

初めての「買付申込書」

をFAX送付。


FAXを送るときは、ほんとに手が震えましたネ。


これであとは

「日本政策金融公庫」に突撃!

と思っていた矢先に、

その媒介業者から不穏な情報が入ってきたのです。


「あの物件ですが ベースネクサスさんと同じように

 見学されて獲得に動いている方が現れました・・」


「えっ~、そうなんですか? どんな方ですか?」


「ベースネクサスさんと同じようなサラリーマンの方です。」




 融資を早く獲得しないと、また取り逃がしてしまう!


 と思い、私の動きを加速したのでした。


狙いの物件見つけたぞ!へのトラックバックURL