仙台物件の確認を2週連続で!


2013年12月03日

仙台物件の確認を2週連続で!

さて、2011年10月から12月にかけて

どうしたらキャッシュフローの出る2棟めを取得できるか、

物件探しを継続していました。


信頼関係の構築できた営業マンIさんは

積極的に非公開物件の情報を

私に提供してくれていました。


そんななか、

仙台にいい物件が出たと情報をいただき

さっそく現地確認に出かけることにしました。



私が某地銀ではあるけれども2億円ほどの枠で

融資が下りる客だとみなされていたようで

私の2棟めの獲得実現まで積極的にサポート

してくれる姿勢をひしひしと感じていました。



私がひとりで行動していたら絶対にたどり着けないような

情報を提供してくれるのにはとても驚きましたが

私も、なんとしてもキャッシュフローの出る2棟めを

取得したいという気持ちがあったことで、

Iさんのような営業マンに巡りあえたのだ思います。



その物件を実際に仙台で見てみると、

有名国立大学の、とある学部の正門前にあり、

スーパーが横の道路を挟んですぐという

とても素晴らしい立地でした。


金額は1億7800万円で表面利回り10.93%という

5階建てRC物件。


第一印象の感想としては、文句のつけようがないものでした。


さっそく家に帰って、物件のキャッシュフローシミュレーション

を再び真剣に作り直してみると、

意外にエレベーター等の維持経費が大きく

思ったほどのキャッシュフローが出ないことが見えてきたのです。


また、積算金額もいまひとつで

取得への気持ちがひるんでくるのがわかりました。


Iさんにそのことを伝えてみると、

当然のことながらキャッシュフロー改善のアイデアを提案してきたり

なんとか私の気持ちを取得に向かわせようとしてきます。


しかし、シミュレーションを見直してみるたび、

取得する気にはなれなくなってきていたのですが、

その数日後、再びIさんから

入手したばかりという

仙台の別な物件の情報をもらったのです。


写真ももらって物件外観を見るととてもカッコ良く、

地価鉄の最寄駅から歩いて5分という

願ってもないような物件です。



当初の仙台物件はもうそっちのけで、

この物件確認のため

翌週末に仙台行の手配をしていました。


仙台物件の確認を2週連続で!へのトラックバックURL