合同会社の定款をば。


2013年12月11日

合同会社の定款をば。


昨日、設立しようとしている合同会社の定款の

ドラフトが司法書士さんから送られてきました。


自分の会社が出来上がってくる過程を味わって

いるところです。


法人を設立することによる税務上のメリットを

今の段階で精緻にシミュレーションするのは

正直難しいので、方針として向かっている方向が

間違っていないかの確認を一生懸命やっている

というイメージですね。


今回の水戸RC物件への銀行融資は何行かに

審査依頼中でどのようになるのかも未確定ですが


これもかねて目標としていた茨城の地銀からの

融資獲得という方針に沿ったもの。



未確定事項があると、なかなかずっしりと

安心しているというわけにはいきません。


なので、数日前のこのメルマガで書いたように

ダン・ケネディーの言葉である


「不安や心配事に対する唯一の対抗策は、自ら動くことなのである」


を噛みしめています。



今回の法人設立を依頼している司法書士さんへの

確認事項のメールやら、

顧問税理士さんへの質問メールに

私の不安や疑問点を書き込んで

交信しています。


プロの回答は、素人がうんうん唸って考えているのとは

訳が違います。


なるほど、という回答が即座に返ってきます。


ここ1週間、本業はそっちのけになってますね(笑)。

合同会社の定款をば。へのトラックバックURL