正直な心境を話すと・・ 2013年12月11日


2013年12月24日

正直な心境を話すと・・ 2013年12月11日

正直な心境を話すと

いま取得しようとしている

4棟めの銀行融資の結論が

どうなるかわからないので

このメルマガに日々の状況を

報告するのはとてもはばかられるのですが

不動産投資の成功を目指す皆さんに

少しはお役に立つ情報になるのではないかと考えて

あえて書いてみようと思っています。


皆さんのご意見やご感想があればぜひお伝えください。

http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/



今回の物件の銀行融資がうまく行けば

「ついてる、ついてる。」

と言って喜ぶと思いますし、


うまく行かなくても

「次へのいいステップになった。」

と考えて、

すべてをプラスにとらえるように

しようと思っています。


さて、今日は本業仕事の合間に

この4棟め取得にめざし

何本かの電話をしました。


一本目は日本政策金融公庫に

現在設立しようとしている合同会社に

融資を受けることができるかどうかを

問い合わせてみました。


すでに個人で同公庫から融資を受けているのですが

融資申し込書を新設する法人名で記入し、

実際にに申し込んでもらことは問題ないが

融資枠そのものは今回の私の場合

4800万円から既存借り入れ残額を

減額した金額が理論上の融資額とのこと。


とにかく、すでに不動産会社を通して依頼している

他の茨城地銀が第一優先ではありますが

とにかく融資申込書を記入して郵送申し込みを

してみようと思います。



二本目は、

2棟め3棟めでお世話になった

不動産会社営業マンのIさんと。


水戸RC物件を4棟めとして

取得しようとしていることの報告と

2棟め3棟めの融資元の某地銀への

今後の対応の相談など。


相変わらずてきぱきと反応して答えてくれて

心強い限りでした。

私の基本方針に対して同意してくれました。


こんな場面でなにかと相談できるIさんとの関係は

ありがたい限りだと思っています。


今週から来週にかけて申請した

茨城地銀各行の融資審査の結果

が出てくるのが楽しみです。


今の私には何となく「つき」があるような

気がしてしかたがないのです!



皆さんの中で不動産投資をしようとして

なかなか思うようにいかないと

悩んでいる人がいたら、

どんなにうまく行かないことに出くわしても

それは次に成功するための勉強ととらえて

プラスに解釈することです。


その気持ちを持ち続ければ

絶対にうまく行くはずです。


そしていつも思うのは

月並みながら

諦めない気持ちを

持ち続けることがいかに大事か

ということです。


正直な心境を話すと・・ 2013年12月11日へのトラックバックURL