決済に向けて一気に動き出した。


2014年01月12日

決済に向けて一気に動き出した。

水戸RC物件について融資申請していた

関東某地銀の返事が来ました。


残念ながらNG。


したがって、

すでにOKとなっている日本政策金融公庫融資

で進めることが決定です。


某地銀NGの理由としては

地銀テリトリーの問題が第一で

時期的に融資目標が達成できていて

強いてこの案件をOKする理由背景に

多少の無理があるというようなことでした。


かりにOKでも政策金融公庫融資条件より

良い条件になったかどうかはわかりませんが

正直残念ではあります。


でも、これで迷うことなく日本政策金融公庫で

進めることができます。


まずは設立した合同会社の銀行口座をどこにするか。


私の今の仙台単身赴任の状況や、

将来的に茨城を基盤として行くうえで

都銀口座か、茨城のNo1地銀のJ銀行の

いずれかでいこうと思います。


税理士さんにも相談しつつ

今日明日で銀行を決めて来週さっそく

行動しよう。


そしてもう一つは日本政策金融公庫の

融資総額が、2回に分けて融資されることを

どう乗り切るか。


同公庫は私に物件の所有権が移転して、

抵当権を設定したのちに2回目の残額の融資が

実行されます。


これに対応するには、短期のつなぎ融資で

資金調達するか、売主さんに頼んで総額を

支払わない段階で所有権移転させてもらうか

のいづれかが必要。


媒介会社Tさんがなんとか後者でいけるよう

売主に頼んでみるとのことですので

それが実現できるよう、

期待したいと思います。


決済に向けて一気に動き出した感じです。



この続きはまた次回のメルマガで
 
お話ししますね。




◆もし、このメルマガ読者の皆さんで

不動産投資の実現の糸口が

つかめないでいる方がいたら

遠慮なく私にコンタクトくださいね。


きっとお役に立てるのではないかと

思います。


お問い合わせ先:

http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/

お待ちしています。




◆自己紹介です。

私は実は、メーカーの経理マンです。

本業では、会社の中の設備投資の考え方や
稟議の審査をする仕事をしていますので
投資分析に関してはそれなりの知識と経験
があります。

それらの知識を不動産投資に有効に活用する
ことができました。


また、DIYが大好きなので
少ない自己資金のなかで、
そのDIY経験を生かした自宅の戸建の外壁塗装を
実行して100万円ほどの節約を実現しました。


それで節約できた100万円をスタートに
最初の1棟の取得をすることができました。


さらに1棟取得後の1年ほどの間に
自己資金を使わないオーバーローン
の融資を獲得することにより
RC物件を2棟取得することができました。

大家になって2年半ほどの現在では
鉄骨1棟、RC2棟計3棟58戸の規模になり
毎月キャッシュフローを60万円
得ることが出来るようになりました。



このメルマガでは
実際にどうやって少ない自己資金で
不動産投資を実現するのか?

安定したキャッシュフローを
どうやって実現するのか?

私の経験や実践の考え方を
お伝えしていきたいと思います。


もし、私の不動産投資の経験に興味を持ち

なんでもいいから質問してみたい方はぜひ

下記から連絡ください。


http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/


お待ちしてます!!


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝、感謝、感謝デス。


決済に向けて一気に動き出した。 is Posted by basenexus at 07:02│コメント(0)トラックバック(0)
決済に向けて一気に動き出した。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/basenexus/35603464