大雪のなか「ついてる、ついてる」と言ってみた。


2014年02月26日

大雪のなか「ついてる、ついてる」と言ってみた。

土曜日の大雪の中、

仙台から茨城へ高速バスで

帰ってきたのですが

高速道路に乗ったまでは良かったのですが

積雪が酷くて徐々に高速道路が閉鎖され

乗ったバスは途中で

一般道へ降ろされてしまいました。


一般道では雪にはまって立ち往生している

トラックなどのためになかなか前進できず

結局11時間かかって帰ってきました。


こんな日にわざわざ帰ってきたのは

4棟め水戸RC物件のからみで

司法書士にどうしても届けなければならない

書類があったためなのですが、

結局夕方やっとたどり着いてその目的は

達成できました。



通常3時間半で済む時間が

11時間もかかってしまったのですが、

これをどう解釈するか?


ちょっと無理やりですが

斉藤一人さんの言う

「ついてる、ついてる」を

言い続けてみたのです。


そうはなかなか思えない場面でも

「ついてる、ついてる」

を言い続けているとどうなったか?


アタマの中で「ついてる」理由を

無理やりというか

自然に探していることに気が付きました。


先週5日に水戸RC物件決済の日に

同じバスで日帰りで往復したときは

特に問題なく順調に仙台―茨城を往復できたので、

その日に大雪にならなかったことが

アタマに浮かんできて

ほんとうに「ついている」のだなと感じ始めて

11時間かかった時間をあまり気にしなくて

すむような心境になってきました。


これが斉藤ひとりさんのいう

無理やりでも

「ついてる、ついてる」

という真意なのだなと思いました。





それでは。

また明日メールしますね。
 




◆あなたのコメントや質問などどんなことでも

下記からご連絡いただけるとたいへんうれしいです。

http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/

お待ちしています。



◆ベースネクサス(BaseNexus)の由来

価値ある幸せな人生を築きたい方々の

つながり(絆)の基地でありたいという思いから。

ベース:Base=基地 ネクサス:Nexus=つながり、絆



◆自己紹介です。

私は実はメーカーの経理マンです。

本業では、会社の中の設備投資の検討や
稟議の審査をする仕事をしていますので
投資分析に関してはそれなりの知識と経験
があります。

その知識と経験を不動産投資に有効に活用する
ことができました。


また、DIYが大好きなので少ない自己資金のなかで、
そのDIY経験を生かした自宅の戸建の外壁塗装を
実行して100万円ほどの節約を実現しました。


それで節約できた100万円をスタートに
最初の1棟の取得をすることができました。


さらに1棟取得後の1年間で
自己資金を使わないオーバーローンの
融資を獲得することにより
1億円台のRC物件を2棟取得することができました。

さらに昨年年末に合同会社を設立して
4棟めの水戸のRC物件を契約して
決済完了したところです。


それを合わせると
大家になって2年半ほどの現在では
鉄骨1棟、RC3棟 合計 4棟72戸の規模になり
毎月のキャッシュフローとしては約100万円
得ることが出来るようになりそうです。


このメルマガでは
実際にどうしたら少ない自己資金でも
不動産投資を実現できるのか?

どうしたら安定した
キャッシュフローが実現できるのか?

私の経験や実践の考え方を
お伝えしていきたいと思います。


あなたのコメントや質問などどんなことでも

下記からご連絡いただけるとたいへんうれしいです。


http://my.formman.com/form/pc/d6uJxDO1bJ2OhTym/


お待ちしてます!!


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝、感謝、感謝デス。


大雪のなか「ついてる、ついてる」と言ってみた。 is Posted by basenexus at 06:47│コメント(0)トラックバック(0)
大雪のなか「ついてる、ついてる」と言ってみた。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/basenexus/36616219